• 久保田 キコリ

似顔絵刺繍ができるまで

更新日:2018年1月26日

こんにちわ。


本日のブログはは似顔絵刺繍ができるまでのお話をしますね。

ちょっと長くなりますが、どうぞお付き合いください^^


今回モデルになってくれたのはアオボウシインコのアンジーちゃんです!

シャイでとっても可愛らしい女の子です♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1・飼い主さんよりお気に入りの写真を頂く




















飼い主さんにとっては、どんな映りであってもわが子って可愛いんですよね!

ぶれてても半目になっていても、どんな顔でも可愛いんです。

なので、『お気に入りの一枚を送って下さいね~!』と伝えると、ずいぶん迷われます。


そんな時は何枚か送って頂き、飼い主さんの了承を得て私が決めちゃいます。

むしろ何枚かを色んなアングルで送ってもらえると、

後々毛並みや毛色をしっかり確認できるのですごく助かるんです。




2・写真のサイズ調整




似顔絵刺繍に必要なのはお顔部分だけなので、その他の部分は切り取りました。

画像を細かく調節して、アウトラインが見やすくなるようにしていきます。








3・図案を描いていく




写真に沿って、図案を描きます。

わたしは全部手描きでアウトラインをとってます。

イラレが使いこなせたらきっともっと綺麗に描けるんでしょうけども(;^_^A







4・トレーシングペーパーに書き写す




先ほどパソコンで描いた図案を、今度はトレーシングペーパーへ書き写します。

さっきのをそのまま使えばいいじゃないか!と思うかもしれませんが、コピー紙のままでは具合悪いんですよね~。







5・布に転写する




さっき写したトレーシングペーパーをさらにまた上からなぞっていきます。

これで同じ顔を描くの3回目~!

ここはしっかりと写し漏れがないように。失敗するとやり直しの危機よ( ;∀;)






薄っっす!!!(笑)


光の具合で線が飛んじゃってますが、

ちゃんと描けてますよ!







チャコペンで足りない部分を少し修正してみたりして。

いざ刺繍枠へセット!!

ようやくここから刺繍っぽくなりましたね。でもまだまだ。







6・刺繍糸の確認




どこに何色を使うか、何番の刺繍糸にするかを決めていきます。

なるべく近い色になるように、

あーでもないこーでもない・・・お!!これだな!!おっしゃ!!みないな感じでひとりでやってます。意外と楽しいんですよ、これが(笑)





7・刺繍する




やっとですね、やっと!!

ようやく刺繍に取り掛かりますよ~!

頂いた写真とにらめっこしながら刺していきます。

可愛いねぇ~可愛いねぇ・・!なんで独り言をいいながら夜中に作業してることが多いです。コワイネ~!




うろこ状になっている羽を少しずつ刺繍して、羽の先っちょの黒い模様を入れていくところ。

おおお、いーねぇ!いーねぇ!と自分を鼓舞しながらの戦い( ゚∀゚)アハハ






できたできた~!

だけど刺繍が完成しても、まだ終わりじゃないよ!!









8・仕上げ~ブローチ編~




刺繍枠から外して、縁取り作業に移ります。

ここに進むと、もう刺繍部分の手直しができません。

切り離すのに勇気がいる!!






縁取り部分も飼い主さんと一緒に決めていきます。

アンジーちゃん自身がとても綺麗な色なので、今回は薄めのグレーに決まりました。








9・裏面処理・ブローチ金具の取り付け



ここの作業部分の写真がない・・・!

ということに今気づきました(;´∀`)


切り離し部分から裏面処理のところまで、

まあまあ作業あるんだけど、すっぽ抜けてますねぇ!

ごめんなさーい!




10・完成!



アンジーちゃんの似顔絵刺繍ブローチの完成です!

パチパチパチ!!!(^O^)

作業が楽しくて、だいたい4日くらいで完成しました。

犬猫さんなんかになると、だいたい1週間以上はかかります・・(;´∀`)


アンジーちゃんの飼い主さんからは無事に合格を頂くことができました♡


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今の時代、なんだって機械でパパパっと綺麗に作れます。

でも、手作業でしか表現できないこと・伝えられることがあると思うのです。

この気持ちが少しでも刺繍を通して伝わったらいいな~って思っています。


似顔絵刺繍はひとつひとつにかなり時間がかかりますが、

飼い主さんのその反応、その言葉ひとつがとても励みになります。

作ってよかった!!って毎回思います^^



とーーーっても長文になりましたが、

ここまで読んで頂き、本当にありがとうございました☆



154回の閲覧0件のコメント